支援サービスを活用して仕事を円滑に進める【ワークフローヘルパー】

Sales support

種類や効果は様々

販売管理システムはパッケージソフトを購入してインストールという利用形態が主流だったが、最近はクラウド対応して利用する環境も整っている。クラウド対応した販売管理システムは、1ユーザあたり毎月2000円弱で販売管理・在庫管理・購買管理等を利用できるサービスもある。今後は、クラウド対応版の販売管理システムが増々普及する事が予想される。クラウド対応版の販売管理システムは、システム運用・管理する業務が削減され、非常に効果的である。また、外出先で販売管理システムを利用する事によって、スピーディな販売管理を実現できる効果が大きい。

販売管理システムを自社の販売工程に導入するにあたって、注意すべき点は、自社の販売工程・生産工程・在庫工程といった一連の流れにあった販売管理システムであるか十分検討する必要があります。重要なのは、業務をシステムにあわせるのではなく、業務にあったシステムを選び、システム化によって効率性を追求することです。100%システムと業務がマッチする事はないが、私の経験上70%ぐらいは業務にあったシステムを選択する事が目安だと思います。70%ぐらい業務にあったシステムを選んで、パッケージソフトの場合、更に自社の業務用にカスタマイズしてもらうという事も可能です。また、パッケージソフトの場合、自社で特に改善が必要な工程のみ、試行的に導入するという方法も取れます。

Copy right 2015支援サービスを活用して仕事を円滑に進める【ワークフローヘルパー】All Right Reserved