支援サービスを活用して仕事を円滑に進める【ワークフローヘルパー】

Sales support

行なう目的がある

委託元企業にとってのメリット

自社の人員では業務知識の熟成に応じ、給与以外の福利厚生を含めた一定の人件費の向上を意識しないといけなくなり、またその人員の欠員を意識して代替人員の配置が必要となり、結果、総人件費のさらなる向上が必要となります。 これらの特定の業務を専門業者へBPOすることで、一定費用のみを意識すれば良く、人件費の向上を意識する必要が無くなり、代替人員のリスクをも吸収することができます。 もう一つは、安定した業務成果の提供にあります。 自社の人員での業務遂行では各世代での業務知識の伝達が必要となりますし、逆にそれが行えなければ属人的に特定の人員に頼らざるを得なくなります。 これがBPOを行えば、外部の専門業者による一定の安定的な業務成果が期待できる為、人員の世代間の歪を意識しなくて良くなります。 委託元業者にとっては、一定の費用が必要となるものの、所々のリスクを回避できることが現在のBPO事業の隆盛に繋がっているのがと思われます。

委託先企業にとってのメリット

委託先企業にとってのBPOの意義も二つあります。 一つは、安定した受注・収入にあります。 BPOは所謂フィー型ビジネスであり、特定期間は一定の収入が約束されます。 これは企業活動を行う上での安定した収入基盤となる為、業務のルーチン化が行えれば突出した利益は見込めないものの、デメリットの少ない安定した経営が計画できます。 もう一つは、さらなる事業拡大です。 委託元業者の特定業務をBPO出来れば、それはその会社の企業活動の一旦を担うことになり、安定した業務成果を提供出来ればさらなる事業拡大への足がかりになります。 安定した収益基盤と新規案件、2面での業務が見込めることが現在のBPO事業の隆盛に繋がっているのだと思われます。

Copy right 2015支援サービスを活用して仕事を円滑に進める【ワークフローヘルパー】All Right Reserved